素材にも注意

ベビー服を出産祝いとして使用する場合にチェックするべきポイントとして、ここではもう一つ「素材」について紹介します。ベビー服、ことさら新生児向けの肌着というのは、赤ちゃんの肌に直接触れることになるものです。そうである以上、デリケートな赤ちゃんの肌に対してダメージを与えてしまうことが無いような、柔らかく優しい素材が使用されているものを選択するのが基本となります。多くのベビー服はもとよりこれを考慮した素材で作られていますが、選択する際には念のため使用されている素材がどのようなものであるのかについてもしっかりチェックをしておくようにすると良いでしょう。

そうしたことを考える場合、もっとも無難な選択肢となるのは綿100%のものです。特に肌着についてはこのようなタイプのものを選択するのが最も良い選択ということができるでしょう。綿は自然の素材であり、赤ちゃんの肌にも優しく炎症などを起こしにくい素材です。また、単純に肌触りがよい素材でもあるため赤ちゃんの機嫌を損ねにくい、という点においても優秀な素材となるでしょう。

数は少ないものの、合成繊維のものではないのか、ということは十分注意しておくと、トラブルを避けることができます。

季節に合わせて選択

それでは次に、ベビー服の種類以外に選ぶ際のポイントとなる点としてどのようなことがあるのかについて紹介します。まずここで紹介するのは、贈物をする時期についてです。出産直後に届くように出産祝いとしてベビー服を贈るのであれば、その季節にあったものを選択して贈るようにするのが良いでしょう。出産の予定を聞いて早めに用意をしておくと、この辺がずれてしまう可能性があるため、十分注意をしておく必要があります。ベビー服はその多くがもとよりすぐにサイズアウトしてしまうことを考慮して作られているものであるため、あまりオールシーズンで使用できる、ということを想定しているものではありません。特にロンパースのような肌着タイプのものにおいてはこの傾向が強くなります。

例えば季節についてチェックすることとして、袖の長さがあります。夏については半袖タイプのものやノースリーブタイプのものを使用すると、赤ちゃんに不快感与えることなく使用できるでしょう。また、吸汗性の高いものを選択することも重要なポイントの一つとなります。逆に春秋などの寒暖の差が激しい時期については、ある程度袖の長いものを選択する方が取り回しのよい選択肢となるでしょう。

ベビー服の種類

それでは、ここでは出産祝いとして新生児服を利用する場合、どのような種類のものを選択するのが良いのか、ということについて紹介します。一口に新生児服と言っても実はデザインなどによってかなり幅があるものであるため、その中から適切なものを選択することが重要になるでしょう。では、実際に選ぶことができる新生児服の種類について紹介します。

最初に紹介するのは、ドレスオールといった種類の新生児服についてです。このタイプの新生児服はドレスと言う名前からも分かりやすいように、下半身部分がスカートのように開いているのが特徴となっています。特に新生児の洋服において気をつけるべきことである「オムツ替え」の利便性を優先しているのが特徴のデザインです。オムツ替えはしょっちゅう行なうことになるため、その際のストレスを減らすことができるような構造になっているのが便利でしょう。

次に紹介するのは、ロンパースといった種類の新生児服についてです。こちらは肌着としても使用することができるようになっているのが特徴の新生児服で、時期に合わせて使用できるように袖の長さなどの種類が豊富に存在しています。ベビー服の贈物としては安定の選択肢となります。

出産祝いの選択肢

子供が生まれると、これまでには無かった様々なものが必要になることになります。例えばベビーベッドや哺乳瓶、その他にも様々なものが必要になることになり、両親にとっては大きな経済的な負担になることも考えられます。そのため、もし友人や親戚に出産をする人がいるという場合には、その点を考えた効果的な出産祝いを贈ることができるように考えるのが良いでしょう。それでは、出産祝いとして贈るのにはどのようなものを選択するのが良いのでしょうか。

ここで重要なポイントとなるのは「一つあれば十分」なものを贈物として選択しないようにする、ということです。例えば最初に述べたようなベビーベッドは、赤ちゃんが一人なのに複数持っていても仕方がありません。むしろじゃまになるだけで、かえって迷惑な贈物となってしまうことが多いでしょう。その他にもベビー用品の中には複数あると助かるものと、一つだけで十分なものがあるため、それらを見極めてなにを贈るのかを選択するのが重要になります。

この場合、有用な出産祝いとして選択することができるものの一つとして、新生児服があります。赤ちゃんは衣服を汚しやすいものであるため、しょっちゅう着替えをさせることが必要になります。そうであることを考えると、衣服は何枚あっても困ることはありません。出産祝いの選択肢として、新生児服や新生児肌着を選択するのは十分考えられることでしょう。それでは、この先ではこれらの情報についてより詳しく紹介します。